一般歯科

  1. トップ
  2. 一般歯科

虫歯について

虫歯について

虫歯は、お口の中の細菌が糖分と共に「酸」を作り出し、その酸で歯が溶けてしまう病気のことを言います。
糖分だけでなく、炭水化物も虫歯の原因となります。
また、虫歯をそのまま放置すると歯髄に感染してしまう恐れがあるため、痛みを感じたら早々に歯科医院で診察を受け、早めの治療を行いましょう。
虫歯が悪化すると、痛みも強くなってきて、その分治療期間も長くなってしまいます。
日々の歯磨きなどで入念に口内のケアを行うのはもちろんのこと、 定期的な検診を行いましょう。

歯周病

歯周病は、むし歯と同様、生活習慣病の一つです。
歯を支えている歯肉や歯根、歯槽骨などの周辺組織を次々に破壊し、最後には歯が抜けてしまう病気のことです。
慢性疾患なのでほとんど自覚症状がなく、進行して気が付いた時には重度の歯周病になっていることも多々あります。
重症化した歯周病を完治させることは難しく、コントロールしながら一生付き合っていかなくてはいけなくなってしまう場合もあります。
また、歯垢をきれいに取り除けば防ぐことができる病気でもあるので、症状がない、もしくは発赤・腫れ・出血といった歯肉だけの症状のうちに、早く見つけて対処すれば多くは治すことができます。

まずは、お口の健康状態を知る必要があります。
二階堂歯科医院では、「歯科人間ドック」を行っており、将来どの様なリスクが考えられるかを知り、それを基に、どの様に予防していくか、その人に合ったオーダーメードの予防システムを作ることがとても大切です。

歯科人間ドック
pagetop