予防歯科

  1. トップ
  2. 予防歯科

歯のまわりの組織の健康は、プラーク(歯垢)中の細菌から作り出される攻撃力と体の防御力のバランスが保たれた上で成り立つと考えられています。
つまり、体の防御力よりも細菌が作り出す力の方が強くなった時に歯周病がおこります。
また、重い病気で体の防御力が低下した際にも歯周病が起こりやすくなります。

  • 細菌数のコントロール
    細菌の数をできるだけ少なくするには、普段の歯磨き(ホームケア)に加えて専門家による定期健診・クリーニング(PMTC)を併せて継続していくことが、最も効果的になります。
  • 免疫力の保持
    やはり日頃からの栄養のバランスがとれた食事、規則正しい生活をする事が大切です。血液疾患、糖尿病のような体の病気、喫煙、ストレスなどは、体の防御力を低下させる(=歯周病を悪化させる)原因として報告されています。歯の周りの組織も体の一部と捉え、体全体の健康に注意することが大切になります。
PMTCはまるで歯のエステ!
専用機器を用いてきれいに歯をクリーニング
PMTCとは

「PMTC」を簡単に説明すると、毎日の自分で行なう歯磨きでは落ちない歯の汚れを専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。

毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除いていきます。歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。当院では、専門のトレーニングを受けた歯科医師・歯科衛生士が専用の器具を使って、お口のすみずみまできれいにお掃除を行います。

PMTCの効果

歯周病の予防・改善

歯肉の中にまで入り込んだプラーク(歯垢)を徹底的に除去することによって歯肉の状態を健康にていきます。歯周病の治療が一段落して、定期的な検査に移行している人にお勧めです。

虫歯予防

歯磨きだけでは落とすことのできない頑固なバイオフィルムを破壊し、フッ素塗布で歯垢の再付着を防ぎます。

歯質の強化

フッ化物ペーストを使用することで、歯の再石灰化(歯を強くする)を促進することが出来ます。

審美性の向上

ステイン(コーヒー、お茶、ワイン、タバコのヤニなどの着色)を除去し、光沢のある歯面を回復します。
爽快感:歯の表面がツルツルになって、舌触りも滑らかになります。

口臭予防

歯ブラシでは届きづらい細部までプラークを除去し口臭の無い、爽やかな息を持続させます。 

基本的なPMTCの流れ

プラークの染め出し

完璧な歯磨きは困難で、どうしても磨き残しが出てしまいます。
自分で不得意な部分を確認することによって今後の歯磨きの参考にしてゆきます。

↓
歯を磨き上げる

微粒子研磨ペーストを使用して、歯の表面や根元部分を回転ブラシやカップなどでキレイに磨き上げる。
このとき歯ブラシで落とすことが難しい着色や、歯石ではない汚れの塊をキレイに擦り落とします。

↓
歯と歯の間も磨き上げる

さらに歯と歯の間の汚れもフロスや様々な形のチップなどを用いてきれいに汚れを取り除いていきます。
研磨剤をきれいに洗い流します。水や空気などを吹きつけて研磨剤をきれいに洗い流します。

↓
フッ素で歯質の強化

フッ素を歯の表面に塗り、虫歯を予防して歯を強くします。

これで終わり??と思われるかも知れませんが、自分で行なう歯磨きの磨き残してしまった部分をクリーニングすることが中心となります。イメージとしては、毎日、自分で洗顔して、時にはエステサロンでフェイシャルを行ない磨きをかけるといった感じです。

pagetop