インプラント

  1. トップ
  2. 審美歯科

インプラントとは

インプラントとは

できるだけ自分の歯を削らない・残っている自分の歯を大切にしたいといった方に有効な治療です。
インプラントの素材としてはチタンが主流です。
チタンは骨と結合するという特徴がありますので、健康な歯を削らずに、天然の歯とほとんど同じような感覚で噛むことが可能になります。
抜けてしまった歯を補うために周りの歯を削りたくない、入れ歯では気になって食事がしにくい、といった患者様に最適な治療と言えます。
また、そのようなメリットの多いインプラント治療ですが、治療後は定期検診やセルフケアが不可欠になってきます。

インプラントと他の治療法との違い

治療法 インプラント ブリッジ 入れ歯
インプラント ブリッジ 入れ歯
保険適用 なし あり あり
メリット
  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
  • 自分の天然歯と同じようにきれいで美しい。
  • 周りの歯を傷つけない。残った歯への影響が少ないため自分の歯を多く残せる。
  • 顎の骨がやせるのを防ぐ効果がある。
  • 固定式なのであまり違和感がない。
  • セラミックを使えば天然歯のようにきれい。
  • 治療が短期間。
  • 比較的治療が簡単。
  • 治療費が安い。
デメリット
  • 簡単な手術が必要。
  • やや治療費が高い。
  • 骨への定着期間を入れると治療期間が長い。
  • 両隣の健康な歯を削らなければならない。
  • 発音に問題が発生する場合がある。
  • 支えになる歯に大きな力の負担がかかる。
  •  抜けた歯の骨が痩せる場合がある。
  • ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。
  • 噛み心地が悪く、硬いものを食べにくい場合が多い。
  • 食べ物が入れ歯に挟まって口の中が不衛生になりやすい。
  • 違和感を感じる。
  • 顎の骨が痩せる場合が多い。
  • 留め金が見えて見た目がよくない。
pagetop